鍼治療|福岡で整骨院、整体院をお探しなら、交通事故治療認定院『宗像赤間整骨院』までお気軽にご相談ください。

  • 0940626161
  • 診療時間
    平日10:00~13:00 / 15:00〜21:00
    ※土曜10:00〜18:00
    定休日
    日曜・祝日
交通事故治療についてCLOSE

鍼治療

鍼治療について

鍼(はり)治療には「直径0.2ミリ前後」の極めて細い針を使います。患部やツボに約1ミリ~数センチほど鍼を挿入して刺激を与えることで、血行不良や冷え性などの体質改善に効果のある技術です。鍼治療を行うと、痛みをやわらげる「鎮痛物質」が体内で活性化され、鎮痛効果が高まります。また、鍼の挿入部分には炎症を抑える白血球が増加するため、結果的に血流が改善されるのです。さらに、さまざまなツボを刺激することで、胃腸や自律神経機能の調節、筋肉痛やスポーツ障害による痛みの軽減、疲労回復を高めるなど、身体の状態を整えていきます。
当院の鍼治療は、背骨や骨盤のゆがみも正しい位置に整えることが可能です。
ゆがみの原因を探り、ツボの刺激を行うことで、ゆがみが引き起こす痛みの改善につながり、同時に背骨や骨盤のゆがみも整います。

鍼治療で期待できる効果

1.身体の痛みが緩和され肩こり・腰痛の緩和

肩こりや腰痛にはさまざまな原因が考えられますが、病気以外の症状では、筋肉の緊張が引き起こす血行不良がほとんどです。
そのため、肩こりであれば「肩井、天髎、手三里、列缺」などの肩や腕のツボ、腰痛であれば「崑崙、委陽」などの足のツボを刺激し、血行を改善するための治療を行います。
症状は人それぞれ異なるので、患者さんにあわせたツボを見極めていきます。

2.バランスを整え自律神経失調症の改善

自律神経失調症とは、身体のオンとオフを切り替えている自律神経のバランスが崩れて頭痛やめまい、イライラなどさまざまな不定愁訴が現れる症状です。
病気だという理解が得られにくい場合もあり、本人にとっては非常につらいものです。
このような不定愁訴は鍼治療がずっと以前から治療対象にしていたもので、「内関、郄門」といったツボを刺激して症状の軽減を図ります。

3.目の疲労を取り除き、リラックス効果

スマートホンやパソコンが生活に欠かせない現代において、眼精疲労を訴える人が増えています。主な症状は目のかすみや、目の奥に痛みを感じるといったものです。
しかし、眼精疲労が悪化すると、肩こりや頭痛、めまいなど、身体の広い範囲に影響を及ぼします。
眼精疲労の原因には、目の周りの筋肉が緊張することで起こる血行不良が挙げられるため、「清明、陽白、太陽、角孫」といったツボを刺激する鍼治療で血行改善を行います。

鍼治療はなぜ効果があるのか

鍼治療による刺激によって与えられる影響としては、他にも筋肉の緊張を緩ませ血液の巡りが良くなることで症状を改善させることを始め、末梢神経による痛みの信号を遮断するなどの効果が期待されます。
お灸の場合は、熱刺激による血行改善が主とされているのが特徴です。血行が良くなることで、造血作用が促進される、免疫物質が血液内に分泌されるなどの効果があり、それによる影響で患部の症状を改善するといわれています。

自己治癒力を高めるので、肩こりや腰痛だけでなく、内科的疾患、整形外科的疾患、消化器系疾患、婦人科系疾患、自律神経系疾患など、さまざまな症状にも効果があるとされています。

当院の施術法

当院では腰痛および肩こりをはじめとする慢性の痛みから、ぎっくり腰や寝違いといった急性的な痛みまでさまざまな症状に対して、鍼を使った治療を行っております。「鍼治療」では、症状の原因となっている神経に直接的、もしくは間接的に鍼による刺激を与えることで、症状をやわらげていきます。
鍼治療と聞くと「痛そう」「怖い」と想像されがちですが、それは、鍼=注射針や裁縫針のように想像されるからだと考えます。実際に使用するのは、それほど太くて長いものではありません。当院では髪の毛くらいの細さで、針の先端は特殊加工が施された、丸みを帯びた形状の鍼を使用しています。
また、場所や症状によって深さや刺激を変えていくため、皮膚に触れている程度の「痛気持ちいい」刺激です。鍼が苦手な方は、響きを抑えることもできますので、一度担当の治療家にお申し付けください。

ページトップへ戻る

  • 0940626161
  • 採用情報
  • アクセス
  • 0940626161
  • 採用情報
  • アクセス